counter
-7MainanaDiaryVaseAboutMailAntenna

<< 2006年02月 | Main | 2006年04月 >>

- 06/03/19 -

 植物怖い

 今日、植物って怖いって、思った。

 天気が良かったから浜離宮に行ってきたのね。有楽町から歩いて。歩道橋を二回も上って。入場料三百円も払って。それで、入り口からちょっと歩いたところに、花畑があったんだけど、ヤバかった。アブラナ。あたり一面、アブラナ。どこを見渡しても、アブラナ。もうとんでもない量なの。そこで花屋さんが十軒くらいオープンして、店頭も在庫も全部アブラナで満タンになって、それでもまだまだ余ってたから二トントラックに積み込んで東京湾に沈めました、みたいな。いや、とにかく、物凄い量だったわけ。もう、そのとき、確信したね。ああ、こいつらが力を合わせたら、自分は死ぬなって。いや、死ぬ。多勢に無勢。勝てるわけがないんだよ。あなたね、笑ってるけど、想像してみなさいよ。一対一ならアブラナに勝てるって断言できるでしょ。一対十でもできるでしょ。でも一対百って言われたあたりから、段々怪しくなるじゃない。一対千って言われたら、ああ、うん、まあ、勝てると思うよ、みたいな、なんじゃそりゃっていう。そんなことで一対二億のアブラナに勝てるかっつーの。そんなことだとね、アブラナに溺れて死ぬよ。絶対に死ぬ。なんか、取り囲まれて、インシュリンとか打たれて、死ぬ。

 それから有楽町に戻ったのね。有楽町に戻って、なんとなく、花屋を見た。そこにあった、なんだっけな、名前が思い出せない、なんかの花があってね、もうガーベラでいいやガーベラで。そのガーベラがあったんだけど、ヤバかった。まだ、咲いている花がひとつくらいしかなくて、残りは全部青いつぼみだったのね。そのつぼみが、どこからどう見ても、確実に、パックンフラワー。いや、本当に。あれは怖いよ。絶対にこいつら口開いてハエとかマリオとか食うわって思ったね。これを買う奴の気が知れない。絶対に嫌がらせでしょ。悪意があるでしょ。だってね、あんな花、自分が寝静まった頃に、こっそり冷蔵庫を開けてハムとかソーセージとか食ってるに決まってるじゃない。もう間違いないよ。しかも、肉を食うだけじゃ物足りなくて、なんか、お気に入りの歌とか歌ってる。そう、つぼみだけに「15の夜」とか。尾崎が好きなんだよ。いや、分かる。あれは尾崎が好きな花だよ。多分。もしね、午前三時くらいに急に目が覚めて、そんな奴らと目が合ったら、もう、命はないね。死ぬよ。死ぬ。絶対に死ぬ。盗んだバイクではねられて死ぬ。

 植物って、怖い。死にたくなかったら、植物には勝負を挑まない方がいいよ。

- 06/03/24 -

 妖怪チョココロネ

 憑き物が落ちてくれないことがある。
 こないだ、バイトの同僚が YAMAHA 銀座店の袋を持ってたんですね。ああいうお店で買い物をすると、なんか、袋にチラシとか入ってるじゃないですか。こんなリサイタルがありますよ、とか、こんな新商品が出ましたよ、とか。あれ、ちょっと、不快ですよね。いや、違うんですよ。自分、滅多に YAMAHA で楽譜を買わないんですね。お金がないから。お金がないから楽譜は買わないけれど、時々五線紙を買うんです。二百円の。二百円の五線紙。YAMAHA の売り場でも下から二番目くらいの値段だと思う。なんか、ト音記号の絵が入ったちっちゃい消しゴムの次くらいの値段だと思う。あの、楽譜って高いんですよ。だから、もう結構な割合のひとが、五千円札とか一万円札とか出すんですね。そんな中で、一人、小銭入れから、二百円。もしかしたら前の客は「じゃあ次はミサちゃんのためにグランドピアノでも買ってあげようかな」「本当? 嬉しい! おじ様ありがとう!」「ははは、どんなに素敵な楽譜が沢山あっても、良いピアノがなかったら紙屑も同然だからね」みたいな感じかも知れない。そんな中で、一人、小銭入れから、二百円。もう店員さんも「えー、こいつに、袋、要るの? 袋もタダじゃないんだよ?」みたいな感じになってると思う。いや、袋、要らないです。シールでいいです。いや、エコなんです。JRC なんです。ベルマーク委員会なんです。なんだかんだで袋をもらう。チラシを見てみると、なんか、ランチ付きのエレガントタイムコンサートの宣伝をしている。3500円。切ない。とても切ない。ごめんね、悪かったよ。不快だなんて言って悪かったよ。良かったね、ミサちゃん。幸せになってね。あとこれは本当の話なんだけど、ランチ付きのエレガントタイムコンサートの出演者が、假屋崎省吾で、「えー!」って思った。本当に。
 それはいい。それでですね、その同僚が持ってたチラシの中に、中古楽器のリストがあったんですよ。それを見たら、なんか、紙面を節約したかったみたいで、楽器の名前が略称なんですね。TR とか FL とか、そんな感じなんです。ああ、トランペットね、フルートね、みたいに、まあ、見ていたわけじゃないですか。その中にあった、異色の楽器が、CR 。クラリネットじゃないですよ。クラリネットは CL ですからね。何の略称なのか分からない。その場にいた人間全員で考えても分からない。いや、知っている名前に決まってるじゃないですか。楽器の名前ですよ。知らないわけがないのに、分からない。謎だ。なんか「読者への挑戦状」みたいですよね。結局、その日は最後まで分からなかったんです。それからしばらく CR が頭から離れませんでね。もう、背中には明らかに憑き物がいますよ。妖怪ですよ。薔薇十字探偵社ですよ。あ、でも、その日帰って寝たら、もうすっかりそのことは忘れてました。いや、本当のことを言うと、電車に乗った時点で、忘れてた。もしかしたら、バイト先の階段を降りた段階で、忘れてたかも。憑き物、弱い。弱いじゃん。それで、そのことをついさっき思い出したんですね。そういえば CR って何だったんだろう。そういうときはネットで検索するに限ります。ネットは便利ですね。憑き物も落とせる。即席京極堂だ。
 それで結局 CR が何だったのかというと、コルネット。知らない。知らないよ。何ですかそれ。落ちないじゃん。全然、憑き物、落ちない。コルネット。チョココロネに似ているのかも知れない。こうして妖怪チョココロネは生まれた。愛称はミサちゃん。おじ様は騙されないように気を付けろ。

- 06/03/25 -

 BJ と L

 思い出したんで書いておきますね。中学生の頃なんですけど、なんだっけな、確か、文芸部、みたいな課外活動をちょっとやってたんですね。その中で、あの、音声なしでアニメを流して自分で適当な声を入れるっていう、アテレコの真似事みたいなことをやったんですよ。いや、先生がやれって言うから。あれって今考えると、文芸、全然関係ない。あの先生、ほんとに、何考えてたんだろ。
 それで、そのとき選ばれたアニメが、ブラックジャック。シーンは、ブラックジャックが内臓のようなものを持ってきて、メスを入れたら白い泡みたいなのが出てきて、それをピノコが見ているという、まあよく分からない場面でした。今でもよく分からないな。あの先生、ほんとに、何考えてたんだろ。まあいいや。そのとき、自分が考えたアテレコを思い出したんで、ここに書いておきます。

 ブラックジャック登場。
「フフ、ついにやったぜ」
「マジかよ! 早く見せろ!」
「そうがっつくなよ。そんなことだから女にも逃げられるんだ」
「うるせえな! 早くしろよ!」
 ブラック・ジャック、臓器にメスを入れる。泡が出てくる。
「どうだい?」
「すげえ! こんな現ナマ、初めて見たぜ!」
「ああ、最高の気分ってヤツだ」
「ハハ! これでもうこんな貧乏暮らしからはオサラバさ!」
 ピノコが高笑いして、札束を部屋中に振りまく。
 そこに突然、ドアをノックする音。二人はドアを見る。
「誰だ?」
 ドアが開く。
「ルパーン! 逮捕だー!」

 ごめん。嘘吐いた。本当は、さっき考えた。あの頃は「泡を食べ過ぎて食あたりしたひと」くらいしか思い付かなかった。自分、凄い。成長してる。

<< 2006年02月 | Main | 2006年04月 >>

MainanaDiaryVaseAboutMailAntenna-7